居抜き物件の基礎知識

居抜き物件は、以前のテナントによるインテリア装飾や造作そして、設備などがそっくりそのまま残存していることとなります。易しい手入れだけですぐに店開きすることができる他、飲食業では食器類などがそっくりそのまま利用することができる場合もあると考えられます。反面、厨房の設備だけ、または内装の一門だけが残存している状態でも居抜きと表わされることがあるので、絶対に店名を替えるだけですぐに営業活動できるとは言えません。実店舗などにおけるオーソドックスな賃貸借の契約では、テナントが姿を消す際にインテリア装飾などの解体、そして、原状回復工事を実行し、スケルトン状態にして引き渡すことになっているわけです。しかしながら、次にやってくるテナントが同じ業種であれば、解体費用の無駄を取り除いて効果的利用をすることもできます。その結果、前もって保有者の了解を得た折に、退出する前に次にやってくる借り手を探しだすのが居抜き物件のベースとなります。

居抜き物件はメリットが豊富

居抜き物件がなぜこれほどまでに人気を博しているかと言えば、他にはない様々なメリットがあるからです。非常に合理的で、言われれば納得してしまう理由が数多く隠されているので、今大人気になっているわけです。最も大きな理由の一つに、費用が安く済ませられるという点があります。居抜き物件なら、内装を改装する費用はほとんど必要がありません。備え付けられているテーブルや椅子までもそのまま使うため、開店資金に困らないわけです。これは非常に大きなメリットです。また、居抜き物件は、前の経営者がそこなら絶対に成功するという確信を持って購入したものになります。人通りや交通アクセスのことについてもよく考えられた一等地であるケースがほとんどです。何も考えずとも、居抜きの物件を選ぶだけで、そうした点まで完璧に整えられるのがメリットでしょう。

飲食店に居抜き物件の利用が多い理由

居抜き物件は、主に飲食店を中心にして利用されることが多いです。なぜなら、飲食店は使用する機材や備品の類が、どの店舗でも似ているからです。キッチンがあって冷蔵庫があって、テーブルや椅子もそのまま使える場合が多いです。ブティックなどであれば、自分たちのブランドのスタイルに合わせなければならないかもしれませんが、飲食店なら看板を掛け替えるだけで営業は可能になります。飲食店は見た目よりも、味や値段のほうが重要視されるのが普通なので、居抜き物件を選ぶオーナーが多くなっているわけです。ただ、最近では小売店にまでこうした便利な物件の利用が広がっています。今後はさらに別の業種にも広がっていくものであると予想がされています。それほどまでに便利だということです。まったく同じ業種なら、完全にそのままで営業をすることができる場合があります。

サイトに掲載が出来ない物件情報を号外メールでお届けいたします。 都内、神奈川県全域の居抜き店舗をカバーしております! 多くの成約者様より喜びの声を頂いており,信頼度ナンバーワンです。 メールでのお問い合わせは24時間365日可能です。 お客様に最適な物件情報を毎日メールで配信、前日夜には詳細情報を掲載中です。 居抜き物件の一括見積もりができます


コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*